歯の掃除に通っても歯周病が治らない方へ

 

歯の掃除だけでは歯周病は治らない

歯を失う原因をご存じでしょうか?ひと昔前は1位 虫歯 2位 歯周病でした。

歯周病はあまり目立たない存在でした。生まれたての赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。虫歯は感染症です。

私が子供の頃はまだおじいちゃんやおばあちゃんが、口の中で柔らかく食べ物を噛み砕き砕いたものをスプーンで小さな子供の口に入れて食べさせるということがあった時代です。しかし、同じスプーンを使ったり口で砕いたものを食べさせることで虫歯菌が大人から子供にうつることがわかりだんだんと、噛み砕いたものを子供に与えたり同じスプーンを使ったりということが少なくなってきました。さらに「フッ素でもって歯を丈夫にする」「フッ素でもってバイ菌に対する抵抗力をつける」ということが一般的になってきたことにより虫歯によって歯を失うという方はとても少なくなったのです。その結果、歯周病で歯を失う方が非常に多く割合が増えました。ほとんどの方が今、歯を失う原因が歯周病となっているのです。

では歯周病の原因とはなんでしょうか?

歯周病の原因は?

ほとんどの方が細菌感染症による歯周病菌による原因あると思われています。確かに1番はその通り、歯周病菌が原因です。しかし、実は

歯周病菌以外にも原因があるのです。

しかし、歯周病菌だけが原因だと思い込んでいると歯周病菌はバイ菌が原因だから掃除をしなければ、掃除さえしていれば治るに違いない…

ということになり歯の掃除に一生懸命通ったり自宅でも高額な歯周病専用歯磨きなどを使い歯磨きをされている方がいらっしゃいます。しかし、そんなに一生懸命歯の掃除をしているにも関わらず歯周病がどんどん進行していく方がいらっしゃるんです。あんなに何年も何年も掃除に通ったのに一向に良くならないんです。歯周病が良くなるどころか定期的に通っている歯医者さんで診てもらうとどんどん歯周病の症状が悪くなっていっていると言われる方がいらっしゃるんです。歯の掃除に通っているのに歯周病が治らないんです。

歯周病の原因が他にある

その方は歯周病が歯周病菌ではない他の原因である可能性があるのです。ぜひそのことを知って頂きたいのです。歯周病とは歯の周りの病気と書きます。歯の周りに起こった病状はすべて歯周病と記載されるのです。ですので、いろんな原因があったとしても歯周病という判断なのです。

例えば高熱病、高熱が出ている方は皆さん高熱病と診断されるのです。では高熱病の原因はインフルエンザだったり、おたふく風邪だったり、デング熱だったり、風邪だったり、します。その中でインフルエンザウイルスが見つかった時にインフルエンザと確定診断がされるのです。いろんな原因があって、同じ症状が出ているということはよくあるのです。歯周病もこれと全く同じなのです。歯周病菌以外の原因が考えられる時その原因はかみあわせ異常です。

破壊的な咬合ストレスによる歯周組織の破壊です。本来の噛む力以上の力がかかっている部分は歯が折れる歯が割れる歯が揺れ出す歯が下から上に突き上げられるといったことが起こります。

口を開けてみてみると虫歯のように穴があいている場合もあります。かみあわせ異常が根本原因で歯が揺れ始めたり歯を支える骨が溶けているにもかかわらず歯の掃除だけを一生懸命やっていても歯周病は治るはずは、ありません。

かみあわせ異常による破壊的な力に対する対策を立てなければ歯周病はどんどんどんどん悪化する可能性してしまうのです。あなたがもし、歯周病だと診断された場合「私の歯周病を引き起こしている根本原因は何なのか?」ということをまずはお知りになることが大事です。根本原因を知らずに的外れな治療を繰り返していても歯周病は一向に良くなりません。良くならないどころか歯周病の進行を重症化させていってしまうのです。どうぞ、知って下さい。歯周病とは歯を支えている骨が溶ける病気であるということを。そして歯周病を引き起こす根本原因は歯周病菌だけが原因ではなくかみあわせ異常による破壊的な力によるものがとても大きいということを。何か症状が起こるにはその症状を引き起こした根本原因が必ずお口の中には存在します。その根本原因を知らずして、見えている部分だけを治療したとしてもまた、同じことが起こります。残っている歯は必ず同じ運命をたどるのです。

香川県の歯周病治療ならご相談下さい。087-818-1118受付時間 9:15~18:00【日祝日除く】

メールでのご相談はこちら まずは安心してご相談下さいね。

香川県で歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎でお悩みならご相談下さい。

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎でのお悩みはお気軽にご相談下さい。