高松市の歯周病治療|歯を失わないための基礎となる重要な治療

歯周病の予防の方法

高松市の歯周病治療専門

吉本歯科医院、吉本彰夫です。

 

たとえば奥歯の神経(根っこ)の治療ですが

保険治療では歯の神経(根っこ)は3本である、ほとんど3本であるということが、

大学の教科書には書かれているんですね。

 

仮に4本目5本目の根っこ(歯の神経)があって治療したとしても、

です。

しかし、実際には、歯の根っこ(神経)に4本目、5本目

というのが見えるのです。

保険制度が決まった時には、

そんな4本目の根っこ、5本目の根っこ、そんなの見えていない。

あってもすごく稀だから、そんな治療は普通の治療においては必要ない

と考えられていたのだと思われます。

 

ところが
見えてしまうのです。
先ほどのように見えてしまうのです。

https://www.8181118.com/director/2016/01/post-105.php

(↑4本目の歯の神経の入口がみつかりました)

私の医院には
「歯の神経治療を終了したはずなのに、まだ痛みが止まらない」
「神経を取っているのに痛いと訴えるなんてどうかしている、と怒られた」

という方が西日本各地からお越しになられます。

当たり前ですよね、
治療していないんですから、
4本目、5本目の神経は触っていないままだったから痛かったのです。

歯の神経治療というのは、口の中のバイキンが歯の神経にまで行き渡ってしまい、

歯の神経が腐っていたり、または腐りかけている状態の時に必要とされる治療です。

過去に受けた神経治療で完全に腐食した神経が取りきれてない状態のまま被せ物をしてしまった時,

被せモノの境目からバイキンが入り込んでくるなど再発する可能性は十分にあります

 

どんなに自由診療でセラミックス等の高価な材質で詰め物を被せたとしても、

きちんと神経の治療を行いバイキンがいない状態に消毒処理をしていないと、

近い将来再発をしたり、最悪の場合には、せっかくの高価な被せモノをしている歯であっても

抜歯しなくてはならないことになってしまいます。

 

歯の神経治療は将来あなたがご自分の歯を残すことができるかどうか

のとても重要な治療なのです。

 

歯の神経治療をきちんとしているかどうかで将来あなたが多くの歯を失っていくか、

ご自身の歯を残せるかどうかが決まるのです。

 

ですので,小さい字を見るために皆さんメガネを掛けます。

それと同じで吉本歯科医院では顕微鏡を使ったり、

ルーペを使ったりします。

歯の神経治療はあなたが将来ご自分の歯を失わないためのとっても重要な治療であることを

どうぞお知りになって下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=sBNdWQuuU7Y&noredirect=1

https://www.8181118.com/director/2016/02/post-113.php

原因を取り除かない限り再発を繰り返すのです

https://www.8181118.com/news/2014/03/a-h.php

Follow me!

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。