歯を抜かなくてはいけないと診断された方

ある患者さんの事例です。
この方は
歯科医院で
「歯周病が進行していますから、治療をしていきましょう」
と言われました。
そこから歯科医院に定期的に通い歯周病治療をお受けになられていました。
歯の掃除で深い部分があるので
順番に麻酔をかけ
数回にわけて歯のお掃除をすすめていました。

 

グラグラとしている歯もありましたが
歯の掃除=歯周病治療
と思っていたので
きっと歯周病は治ると思っていました。
しかし
ある日、「奥歯はひびが入っているので歯を抜くしかありません
また反対側の奥歯も「もしかしたらこの歯も抜かないといけないかもしれません」と
いきなりの抜歯宣告。
歯の掃除をしていたのに
どうして歯を抜かなくてはいけなくなったのだろう?
大変なショックをお受けになり
いろいろ探した結果、吉本歯科医院にご相談にお越し下さいました。
歯周病は歯を支えている骨まで溶かしていく
病気です。
土台が溶け始めると
当然、土台に刺さっている歯は
グラグラしはじめます。
ここで、歯周病の原因が
「私は歯みがきを怠ったからだ」
と思われている方が、ほとんどです。
または
「もう年だから老化現象だ」と思われている方もいます。
だからこそ
歯医者さんで歯の掃除をしていたにもかかわらず
どうして歯を抜かないといけなくなったのだろう?
と思われるのです。
歯周病の原因は
バイキンだけでは、ありません。
咬み合う力による破壊的な咬合ストレスによっても
歯は簡単に破壊されます。
歯周病の原因は2つ
①細菌感染
②咬み合わせ異常による破壊的な力
歯が折れたり
歯が割れたり
被せ物が取れたり
歯がグラグラ揺さぶられたり
噛む力は男性では200キロ
女性でも100キロ以上と言われています。
そんな力が毎日毎日かかっていたなら
破壊されて当然です。
歯の治療の成功の条件は
咬み合わせです。
咬み合わせ無視した歯科治療は
歯周病治療として歯の掃除を行っても
改善していくことはありません。
まずは原因を突き止めることが大事です。
歯周病により歯を抜かなくてはいけなくなった
その原因が
「歯みがきを怠ったせいだ」と思い込んでいると
将来さらに多くの歯を失うことになってしまいます。

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。