歯の寿命を延ばす

香川県高松市の
かみあわせ専門
吉本歯科医院の吉本彰夫です。
一般的な虫歯治療では
虫歯ができると
虫歯部分を大きく削り取ります。
歯を削ると
歯の表面は肉眼ではわかりませんが
小さなひび割れができてしまうのです。
ひび割れた部分から
ばい菌が侵入し
再度虫歯が再発する原因となります。
また
通常の虫歯治療では
歯を削った部分は
詰め物や被せ物で補います。
この詰め物や被せ物は
肉眼では歯にピタッとくっついているように見えますが
実は歯と被せ物、詰め物のさかいめには
すき間ができています。
完全に封鎖することはできてはいません。
当然、境い目からばい菌が再度侵入します。
再度侵入したばい菌が
また、同じところを虫歯に再発させてしまうのです。
歯の神経(歯髄)が死んでしまい
さらに歯の根元までばい菌が到達してしまっている場合には
「抜歯」という選択しかなくなってしまうのです。
そもそもの原因は
一番最初に
大きく歯を削り取って治療をしたことがきっかけです。
その後、何度かの再発治療を繰り返した結果
多くの方が
最終的に歯を失うのです。
知って下さい。
大きく歯を削り取るから
歯の神経に近くなり
歯の神経に近くなるから、痛みを感じ始めるのです。
痛みを感じはじめたなら
歯の神経を抜くか、もっと重症になっていると
抜歯しか手立てはなくなります。
出来る限り歯を削らず
薬で治す治療法を選択することができる時代です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

最新記事 by 吉本彰夫 (全て見る)

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。