歯を抜きたくないお気持ち、とてもよくわかります。しかし・・・

香川県高松市の

歯周病治療専門歯科

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

歯を抜かなくてはいけないと診断された

抜歯宣告を受けた

しかし、どうしても歯を抜きたくない

しかし、どうしても歯を残す治療はないか

と歯科医院を転々をされ

吉本歯科医院にご相談にお越し下さる患者さんは多くいらっしゃいます。

 

 

歯を抜かずに治療を行うことができる場合も

もちろんございます。

しかし、どうしても抜かないといけない場合も

ございます。

 

抜歯宣告を受けたが

抜きたくないので抜かずに放置していた場合

一体どんなことが起こるのか

お伝えすることも

医療行為であると

私は考えております。

 

抜かなくてはいけないと診断されたにもかかわらず

抜きたくないというお気持ちがあるがゆえに

そのまま抜かずに放置しておいたある患者さんが

いらっしゃいます。

 

どうしても歯を抜きたくなかったんです

と最後に吉本歯科医院にお越し下さったのですが

私が診させて頂いた時には

お口の中に大変なことが起こっていました。

これがある患者さんの骨の模型です。

右穴に穴が空いているのが

見えますでしょうか?

 

これは鼻の部屋と口を仕切る壁(骨)です。

仕切る壁に穴が空いてしまっているのです。

 

こういった写真をお見せすると

驚かれる患者さんは非常に多いのですが

実はこれ、決して珍しい事例ではございません。

 

抜かないといけないと診断された歯を

抜かずに放置しておいたために

鼻の部屋と口を仕切る骨に穴が空いてしまった

というケースは珍しくはないのです。

 

歯を支えているのはです。

歯茎ではありません。

この図で言えば大根が歯、
黄土色部分が、です。

大根も顔の頭が見えているのは3分の1程度で
残りに3分の2は骨に埋まっているのです。

まさか、骨が支えているとは

見えませんよね?

歯を抜かないといけない原因として

虫歯や歯周病があげられます。

歯の神経(根幹治療)をした歯で

歯が割れてしまった時なども

歯を支えている骨が溶ける要因となります。

 

骨が溶けてしまうんですね。

骨が溶けるとはどういうことでしょうか。

歯を支えている周りの骨が溶けてしまうということです。

 

骨が溶けたら歯は支えることができません。

つまり

放っておいても歯がグラグラしはじめ

歯が抜けるのです。

 

ここで考えてみて欲しいのです。

 

骨が溶けるということは

その場のその歯の骨だけが溶ける、ということではないのです。

 

骨は繋がっているんです。

当然ですね。

隣の歯の骨まで溶かしてしまうことができるのです

 

では上の歯ならどうなのか、

下の歯ならどうなのか。

今は横に骨が溶けた場合の話しです。

 

上の骨が溶けた場合、上には何があるのでしょうか。

鼻があります、鼻の部屋があるのです。

 

鼻と口はそれぞれ単体であるものではなく

中で繋がっています

 

「歯を抜かないといけない」と

診断された歯を抜かずに置いておくと鼻の骨まで溶けていきます。

 

 

口から食べたものが

鼻から出てきてしまって困るんだ

というお話を聞かれたことは

ありませんでしょうか?

 

介護の現場では

よくある話しです。

 

 

抜かないといけないと診断された歯を

自己判断で抜かずに放置しておくと

大変なことが、起こってしまうことがあります。

 

 

歯を抜きたくないお気持ちは私も痛いほどよくわかります。

しかし

どうしても抜かないといけないと判断した歯を

抜かずに放置しておくことで

さらにもっと悲惨な状況になっていくことも

私は知っています。

 

 

見極めが、とても大事です。

 

 

歯を抜きたくない

歯を抜かないといけないと診断されたが

どうにかならないか

という方は

まずはご相談下さい。

Follow me!

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎についてはお気軽にご相談下さい。

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎でのお悩みはお気軽にご相談下さい。