歯を失う原因の第一位は虫歯ではなく歯周病です。

香川県高松市の

歯周病治療専門歯科

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

歯を失っている原因の第一位は虫歯ではなく歯周病です。

その昔は

歯を失う原因は

虫歯でした。

しかし今は

歯を失う原因は虫歯ではありません。

歯周病(歯槽膿漏)なんですね。

歯周病とは歯を支えている骨が溶けてなくなる病気

のことです。

 

 

世界WHOにも認められている

ギネスにも載っている

世界中で一番病気になっている

それが歯周病なんです。

 

日本人でも8割以上が歯周病になっていると

言われています。

歯周病とは歯の周りの病気です。

歯そのものではなく

歯の周りです。

肉とか骨が歯を支えているんです。

 

肉や骨がなくなることによって

歯は残っているんだけれども

支える骨がなくなったので

土手が崩れて歯がグラグラしてきて結果的に歯を抜かなければいけなくなります。

そして

勝手に歯が抜けてしまうということが

今、最も歯を失う原因などになっています。

昔の人と

今の人

何が違うのか?

 

歯の周りの骨があるかないか

なのです。

 

歯科治療には大きな革命がありました。

それは

「歯を抜かずに残そう」

という流れです。

 

あなたも聞かれたきかれたことがあるかもしれません。

歯医者さんも

頑張って歯を抜かずに歯を残したがゆえに

その結果、歯の周りの骨や肉が持たなくなってしまったのです。

健康な歯の時は

土台である骨はしっかりとあります。

ピンクの部分が骨の上にのった歯茎です。

昔、

歯を失う原因は

虫歯でしたので

虫歯になった歯は、「もう抜きましょう」とさっさと抜いてしまっていたのです。

骨がしっかりあるうちに歯を抜いてしまっているので

骨は溶けずにちゃんと残っています。

 

しかし

今は、どんなに歯がグラグラになっていても

骨がどんどん溶けていっていても

歯を抜かずに治療しましょう

歯を残しましょう

 

という流れですので

ご本人の自覚がないうちに

どんどんどんどん歯をささえていた骨は溶けてなくなっていっているのです。

骨が健康な人の半分以下の薄さにまで溶けてしまってから

やっと歯を抜きましょう、となります。

 

昔の人は入れ歯でなんでも噛めていた

のに

今の人は入れ歯ではまったくものが噛めない

理由はそこにあります。

 

入れ歯は歯茎の上に

ピョンと乗っかっているだけです。

 

歯茎は肉ですので

クッションです。

 

クッションの下には

骨があります。

 

その骨が太くしっかりある人は、入れ歯でも問題なくバリバリ噛めます。

 

しかし

骨がもうペラペラに薄く溶けてしまっている人は・・・・

当然かめませんよね?

 

しかも

痛いです。

飛び上がるほど、痛い

神経にさわるような痛さとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

 

入れ歯は

歯茎つまり、肉の上に乗っていると

肉眼的には見えます。

しかし

歯茎の下には歯を支えている骨があるんです。

 

 

歯を支えているのは

歯茎(肉)ではなく

骨なんです。

歯槽骨(しそうこつ)

という骨があるから

歯が存在することができているんです。

歯肉だけでは

歯は自立することはできないんです。

 

 

骨を失うから肉がそれと共に下がっていくのです。

歯肉だけが下がってなくなるわけではないのです。

 

歯肉は2ミリという厚みがほぼ均等に保たれていますから

肉はなくならないのです。

 

肉の下の骨がなくなることにより

歯肉の位置が下がったかのように

歯肉がなくなったかのごとく見えるのです。

よく

「歯茎が下がってきてしまって」

「歯茎が痩せてきてしまって」

とおっしゃられますが

それは歯茎の下にあった骨が溶けてなくなったので

そう見えるだけ、なのです。

土手の骨の厚み・高さ・幅によって

脱着式の入れ歯、総入れ歯の安定性が決まります。

昔は歯を支えている骨が溶けてなくなってしまう前に

歯を抜いていましたから、土手は残っていたんです。

そしてそれはほとんど全部の場所において

骨が残っていたのです。

 

 

しかしながら現代人の場合には

極限で歯を残すために

その周囲の骨を失ってから歯を抜くという状況になっております。

ですから歯がないだけでなく

歯を支えていた骨までなくなっているのです。

 

 

歯周病は

他人事では、ありません。

 

ほとんどの人が今では知っている「歯周病」です。

だけどほとんどの人は

「自分には関係のない話」と思っているのが

歯周病でも、あります。

 

まだ30代だから

痛くも痒くもないし

歯磨きちゃんとしてるから

しかし、

歯周病は

自覚症状はありません。

 

静かにしのびよるサイレントキラーです。

 

実際に

吉本歯科医院にお越し下さる多くの方が

「え?歯周病なんてどこでも言われたことなかったけど?」

「え?私の骨、そんなに溶けてなくなってるんですか?」

と驚かれます。

 

正しく

歯周病を知って欲しいと思います。

 

知って頂くだけで

歯だけでなく

骨を残すことができます。

Follow me!

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。