歯の根っこが茶色くなってきたのは歯周病でしょうか?

香川県高松市の歯周病治療専門 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

くさび状欠損↑の写真

鏡で歯を見た時に歯の根っこがこのように茶色くなってきて歯が伸びたようにお感じにられる方は多いかと思います。歯と歯茎の境目の部分が薄い茶色になって虫歯のようになっています。歯周病か虫歯になってしまったのではないか?と思われ歯周病に効きそうなクリーム状の歯磨き粉を購入し一日に何度も何度もブラッシングをしていたという方は本当に多いのです。虫歯か歯周病かと思い込んでいるためできるだけ強くブラシをあて歯磨きをしてしまったことでさらに歯がしみてきます。そのうち冷たいものや甘いものを口に含んだ瞬間にキーンという痛みいわゆる「しみてしまう」状態になり歯がしみるので歯周病ではないかと思うとご心配になられ受診されます。しかしこの状態、実は虫歯では、ありません。歯周病でも、ない場合が多いんです。歯の根っこが茶色く虫歯にようになってしまった状態これはくさび状欠損(WSD)と言います。WSDいわゆるくさび状欠損とはかみあわせの異常により歯の頭と歯の根っこの境目に力が集中してしまい歯が欠けてしまったりすることを言います。くさび状欠損により歯の神経が見えるところまで到達してしまうことさえ、あります。かみあわせ異常により歯と歯茎の境に力が集中してダメージを受けている上にさらに、上記の方のようにご自分で強い力で何度もブラッシングをしてしまったことより歯茎はどんどん傷つけられ押し下げられます。

こういう状態になってしまってから歯と歯茎の境目をどんなに歯磨き粉を使ってブラッシングしても決して治りません。むしろ、自己流で強い力で歯みがきをすることによりさらに歯茎を押し下げ「しみる」という症状を悪化させてしまいます。しみてどうしようもないという状態にまでなるとどうなるでしょうか?それは

「では、痛みを取るためには歯の神経を取るしかありません」

という診断しか、なくなるのです。

もし、あなたの歯茎の状態が今このような状態になっていたならばまずは一度自己流でのブラッシングをやめ専門家にご相談下さい。そのままでは歯を失ってしまう可能性があります。

Follow me!

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。