歯周病の診断で最も重要なこと

歯周病の診断で最も重要なこと

 

あなたの歯を支えている骨がどれだけ残っているか

歯周病が進行していると診断された場合

最も重要なことは

あなたの歯を支えている骨がどれだけ残っているか

です。

 

 

歯周病ではないでしょうか?
口臭がひどく歯槽膿漏(歯周病)が進行していると思う
歯周病の治療を希望している
歯茎が赤茶色に腫れて膿が出て歯がグラグラしてる
このようなお悩みを
多くの患者さんがおっしゃられます。
例えば
この患者さんの歯茎をご覧ください。
歯茎が赤茶色くなっています。
触るとプニュプニュしています。
赤く熟れたトマトのような感触です。
歯茎も下がっています。
歯が伸びたように見えるのは
実は歯茎が下がったから、なんですね。

ここからさらに進行してしまうと

もっともっと歯茎が下がってきます。

もっともっと歯が伸びたように見えてきます。

 

患者さんがよく

「なんだか昔と比べて自分の歯が長く伸びてきたように

思うんですが・・・」とおっしゃられます。

 

歯が伸びたのではなく

歯茎が下がった

のです。

 

歯茎が下がってきますと
歯の根元が見えてきています。
当然歯磨きをすると
歯がキーンとしみたり
してきます。
健康な歯茎であればこんな感じです。

歯茎が下がり

歯周病が悪化していくと

歯がグラグラと揺れ始めます。

歯がグラグラと揺れ出し

その揺れが激しくなってしまった場合

もうすでにその歯を支える骨は

溶けている状態

になっています。

上の図をご覧くださいね。

これはお口の全体の写真に

イラストを入れ込みました。

 

濃い黄色い部分は

歯を支えている骨です。

 

そして骨に刺さっている大根達は

歯です。

歯は3分の2ほどは骨に埋まっています。

見えているのは

ほんの一部です。

ちょっと歯のイラスト(大根)をはずしてみてみましょう。

骨はしっかり、あります。

 

さあ
では次の写真をご覧下さい。
黄色い部分が骨です。
上の骨と比べていかがでしょう?
半分以上溶けてなくなっていますね?

 

 

なんとか
支えてはいるものの
ほぼ全体の歯がグラグラしている状態です。
これは実は
いつどの歯が抜けても
おかしくない状態
なのです。
歯を支えている骨が
どんどん溶ける

 

 

その結果
歯がポロリ抜けるのです。
歯周病とは
あなたの歯を支えている骨が溶けてなくなっていく病気
のことです。
そして
一度溶けてなくなってしまった骨は
掃除をしようが
プロによって清掃をしてもらおうが
元には戻りません。
一度溶けてなくなった骨を再生するという
処置を行なわない限り
溶けてなくなった骨は
元には戻りません。
 
まずはそのことを
はっきりと
お知り頂きたいのです。
歯周病の診断で
最も重要なことは
あなたの歯を支えている骨が
どれほど残っているかどうか
にかかっています。

Follow me!

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎についてはお気軽にご相談下さい。

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎でのお悩みはお気軽にご相談下さい。